FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育士を目指す方に多いピアノのタッチ

生徒さんの中に、今年の春に
大学の保育科に入学された方がいらっしゃるのですが、

この一ヶ月でものすごくピアノが弾けるようになり
それにすごく驚いてしまいます

毎日、かならず40分ほど練習しているという彼女。
入学前の半年で、バイエル15番程度しか進めなかったのに、
今では両手で、伴奏付けも出来て、
レッスンでは何曲もバンバンと弾いてきます。
(というか、課題に追われている感じですが

ただ、ゆっくり進んでいたときには無かった、
指の弊害がだんだん見られるようになってきました。

指番号の、2と3。人差し指と中指が、
ピアノのタッチをするときに、どうしても潰れてしまうのです。

この理由は、指の筋肉がまだ育っていないので
指が立たずに、つぶれてしまう状態です。
時間が無い中で、急激に練習する人に
ありがちな傾向だと思います。

指が立たないと、結局のところ早いパッセージや
童謡に多くある「指をくぐらす動作」が、弾きにくくなります。

何より後から癖を直すのは、時間がかかるというより、
直すことにイライラしますね

そうなっている方は、「出来るだけ」で良いので
弾けるようになった曲を弾く時だけでも、
自分の指をチェックをしてみて、
指を立たせる感覚を 見つけて欲しいと思います

感覚がつかめたら、それを気をつけていれば、
数ヶ月で直ります。

指の付け根から、指先にアーチを描くように、
指の付け根が頂点になるように、手首は上げ過ぎず、
そんな形が理想です


理想の手は、手の負担も少ないので、たくさん練習できま~す

そんなことは分かっているよ、と言うことなのですが、
その人がピアノが上手かどうか?は、
弾いてる手の形を見たら一瞬で判断できるものなので、
そういう視点の人に、試験で先入観を与えないように、
チャレンジしてみては?と思います。
 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。