スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育実習理論「音楽」 ~音程~ ミニテスト(5)

保育実習理論の試験で、「音楽」について

まず大まかに理解しておくことは、下記です。

1、音程
2、コードの種類
3、音階と移調

当教室は、大きくこの3つを中心に、
学科対策として、レッスンでご説明しております。

そして、テストで一番難しい第5問の対策ですが、
他の問題は、ちょっと勉強すれば簡単に分かりますが、
正直、この問題を解くためには、急激に沢山の理解力が
必要になってしまいます。

ですので、勉強が間に合わない方は、
もう第5問は諦めて、その代わり、
【音程】と【コード】だけで第4問までは解けるので
がんばる、というのも手なのではと私は思っています。

とはいえ、8月の試験まで、
私の時間のある限りと細々ですが、
対策の問題をアップしていきたいと思います。


ではとりあえず、「音程」の問題から。


【問1】 半音と呼ばれるものは、音程で言うと何度ですか?


【問2】 全音と呼ばれるものは、音程で言うと何度ですか?


【問3】 「長3度」と呼ばれるものは、
    半音階(黒鍵も含めた鍵盤の数)で言う鍵盤の数は、
    いくつですか?

【問4】 「短3度」と呼ばれるものは、
    半音階(黒鍵も含めた鍵盤の数)で言う鍵盤の数は、
    いくつですか?

ヒントは、この図↓
鍵盤1oct

【おまけ問題】 「シミラレソドファ」の順に付く調号は、
          ♯、♭のどちらですか?


音程は2度と3度だけは、絶対に完璧に理解しておいてください。

  解答は次回です。
  簡単ですから、すぐに覚えられますよ

>> ほかの問題もやってみましょう。
保育士学科試験、ミニテスト(用語、音程、コード)


★クリック↓↓↓してもらえると嬉しいです★

にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ  

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。