FC2ブログ

プロの演奏を聴こう!GWは有楽町に聴きに行こう!

演奏を上手になるには、
やはりプロの演奏を聴くのが一番だと思います。

それには、コンサートに行く以外にも、
今はいろいろ方法がありますね。

演奏会、リサイタルに行く

もちろん「聴く」ことに関して、
生音を聴くほどいいことはありません。

演者の心と音が、すべて直接届きますが、
CDやMP3などの音からでは、周波数が切れた音で
肝心なところが伝わりません。

コンサート情報は、ネットのサイトや、
楽器店(ヤマハ、カワイ、スター楽器など)に置いてあるチラシ、
ホールのサイト、などなど、沢山情報があります。

ただ、お子さんが行きたいなと思った時に、
ご家族の協力が必要です。
ご家族のスケジュール、チケット代、ホールの場所など
親御さんのご協力が必要になりますので、
手軽とはいかないかもしれませんね。

レンタルでCD、カセットを聴く

●図書館(無料)で借りて聴く

生演奏ではありませんが、CD、カセットなどは、
池上図書館など、公共の図書館で、
もちろん無料で借りれますので、聴くことが出来ます。

また、大田区のすべての所蔵在庫については
ネットでチェックできますし、予約もネットから出来ます。

無料ですし、取りに行くのも近所にもあるので、
一番お手軽ですね。

●レンタルショップ(有料)で借りて聴く

CDだけですが、レンタルショップなら
数百円の予算で、聴くことが出来ます。

池上にもレンタルショップが2軒、
「TUTAYA」「geo」とあります。

購入する

●お店でCDを買って聴く

レンタルよりは、予算は上がりますが、
CD、DVDを買うのはとてもいいことだと思います。
自分が持っていると、いつでも聴けます。

勉強している曲以外でも、入っている曲を聴いておくことは
作曲家の研究や、ピアニストの傾向が掴めて、
より勉強している曲を研究できると思います。

CDショップや、ヤマハやカワイの楽器店にも
CDが置いてあるお店があります。
どのピアニストのCDを買えばいいか分からなくても、
お店の店員さんに曲名を伝えれば、
おススメのピアニストのCDを教えてもらえると思います。

●ネットの通販で、CDを買って聴く

ネットのサイト「アマゾン」、「楽天」などで購入できますが、
どのピアニストがいいのか?は店員さんには聴けませんので、
事前に、口コミなどの評価で選ぶしかないと思います。


●ネットで、iTuneなどで音楽データを購入して聴く

CDと違って、1曲だけ購入できるメリットがあります。
お値段も安くなりますので、お手軽ですね。

ただ、1曲だけ知ればいいというのは、
CDを買う場合と違い、
これを機会に他の曲をいろいろ知ることができたり、
同じ作曲家でも、他の曲を聴くことで
作曲家に対してもどんな曲を作る人なのか、など
周りのことも勉強する、ということ事はできませんね。

生の演奏を聴きに行くこと

大人になると、特にパソコンやスマホなど
「視覚的に入ること」

また聞くと言っても、会社のプレゼンなど
「言葉だけを聞いていれば分かること」
も、あります。

でも音楽、ピアノの上手さは、
言葉ではありませんし、見えるものでもありません。

イライラしていたり、結論だけが欲しくても、
手に入りません。


うわべだけピアニストの演奏の真似をして、
強弱や速さだけ真似たところで、
それに伴う本人の心の歌がなければ、
陳腐なものになってしまいます。

何かを読んだり、ただ聞いてる・・・くらいでは、
分からないことが、音楽、ピアノだと思います。

でも生の演奏を聴けば、人間の感性で聴けば
きっと分かることがあると思います。
何より、その1曲1曲の、感動ポイントが分かると思います。
どこを演者が感動して弾いているのか?
その感動が、聴く人の心も感動させて、癒していくんだと思います。

日ごろ、大人も 子どもも、
いろんな気持ちをしながら過ごしています。
自分の気持ちに向き合わないで過ごす時間は多いと思いますが、

音楽のメロディーを通して、自分の気持ちに重なる瞬間が起きて
なにか無意識でも、癒されることがあるのではないかと思います。

そうはいっても、そういう私も仕事で
なかなかコンサートには行けませんが

そろそろGWになると有楽町で音楽祭が始まりますね

201704 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017
 今年のテーマ~「ラ ダンス舞曲の祭典」
 2017年5月4日(木)~6日(土)の演奏予定

★クリック↓↓↓してもらえると嬉しいです★

にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ  
Category: レッスン